読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教育

制限は常に自らの力によってのみ課すべきだ。

自分でその制限を解錠できるように、鍵を渡してやらなければならない。他人の力で抑えこんではならない。

なにかを「育てる」のは、それが「強くなる」ことであり、それは「選べるようになる」ことでもある。制限することではない。

支配や介入による教育の問題点は、それが邪魔になって動きが制限されることだ。動きを邪魔しないように支援することしか許されない。