読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒親と愛着障害

愛着障害』『毒になる親』『子どもが聴いてくれる話し方と子どもが話してくれる聴き方大全』なんかは親子の関係性についてのなんやかんやで、ためになった。うちは毒親の条件ゴリゴリに満たしまくってるけどわたしは元気です(震え声) 特に『毒になる親』は”毒親”って言葉の起源みたいでまだ半分しか読んでないけどどういうのが毒親か、みたいなとこを説明してる。『愛着障害』はそこからどういう子どもになるか、みたいなとこ。愛着障害はアスペや発達障害にも関わってるらしいから全人類に読んでほしい二冊。親にも子にも。三冊目はふつー。

毒になる親

毒になる親

愛着障害?子ども時代を引きずる人々? 光文社新書

愛着障害?子ども時代を引きずる人々? 光文社新書